カテゴリー:関東地方

  • By: Kentaro Ohno

    日光東照宮「五重塔」は高さ35メートルの絢爛豪華な姿

    現在の東照宮五重塔は、落雷で焼失したのちに再建されたもの。見事な彫刻できらびやかに飾られ、内部は耐震の構造に作られています。昔から「日光を見ずして結構というなかれ」と最大限に賞賛された東照宮。五重塔も必見ポイントです。杉…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: hiyang.on.flickr

    日光東照宮の「眠り猫」を作った人は誰?

    有名な「眠り猫」の前で、ガイドからこう聞いた人は多いはず「左甚五郎の作品と伝わっています」と。この左甚五郎という名工が眠り猫を彫ったという説には、異論を唱える人がいるのを知っていますか?実在の人物だったのか、その存在自体…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: ume-y

    日光東照宮 「眠り猫」の意味ってどんな意味?

    東照宮の数ある彫刻のなかで、スーパーアイドルの「眠り猫」。国宝の、おそらく日本中で一番の有名なこの猫は、咲き誇るボタンの花の下で穏やかな表情をしてうたた寝をしているように見えます。なぜ、猫が選ばれたのか? 有名な「三猿」…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • imgres

    日光東照宮「三猿」の由来 作った意図は?

    日光三彫刻「創造の象」「三猿」「眠り猫」の一つで、世界的にも有名な「三猿」。東照宮の三猿は海外で「Three wise monkeys」と呼ばれていますが、よその外国にも、また国内のほかの場所にも、これと似た三猿があるの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • By: Andrea Schaffer

    日光東照宮「三猿」はを作った人は誰なのか?

    「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名な日光東照宮の三猿。誰もが知っている彫刻ですが、製作者は不明なまま。見事な出来栄えからすると、腕の立つ彫師の作なのに違いありません。いったい誰がいつ作ったのか? 謎に迫ります。日光東照…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る