いざ富士山へ 登山用品レンタルの利点は?

一度は登ってみたい富士山。でも、装備を一通りそろえるのは一苦労。 もしかしたら、二度と使わないかもしれない。

登山用品って意外と高いし、どんなメーカーを選べばいいかわからない。

そんな人には、レンタルがおすすめです。

レンタルの最大の長所は「費用が安く済む」

富士登山に必要な用品は、およそ7つ。ザック、レインウエア上下、登山ブーツ、ヘッドランプ、ショートスパッツ、トレッキングポール、防寒着。
そのどれもを一気にそろえるとなると、およそ3から5万円ほどになります。

ところが、レンタルであれば一泊二日の保証金込みで最安15,000円程で済みます。
また、有料オプションでレインハットやグローブ、サングラスなどをつけることも可能です。いずれ購入するにしても、一度試してみてから購入してたい方には打ってつけです。

子ども用品こそレンタル活用

成長著しい子どもの登山用品は、すぐサイズアウトしてしまうのが困りもの。でもレンタルなら、そのときの成長に合わせた用品をそろえることができます。

特に子どもの登山靴のサイズ選びは難しいものですが、プロの目で吟味してもらえるので大助かり。メンテナンスが行き届いた品を提供してもらえるのも安心です。

子どもの装備はブーツ、レインウエア、ザックの三点と最小限なので、レンタル料金は大人の半分ほどで済みます。

移動の負担が軽減

富士山への移動は、新幹線や高速バスなどの公共交通機関を利用する方が多きのではないでしょうか。また、駅と富士山の間の移動は路線バスが主です。

特に帰りは疲れた体でたくさんの荷物を背負わなければなりません。お土産が多くて、かえって帰りの荷物が多くなることもあるでしょう。

でも、レンタルを利用すればそんな悩みも無用。利用の3日前までに自宅へ届けてくれ、下山後はコンビニから返送することも可能です。

「やまどうぐレンタル屋」 富士山吉田登山口からすぐ!登山用品レンタルなら「アウトドアレンタルそらのした」 のように、現地レンタルできる業者もあります。吉田口ルートの五合目に受取・返却口を用意しているため、メンテナンスにも気を遣いません。これなら気楽ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
K6

K6

投稿者プロフィール

九州出身、京都在住。専門書の出版社勤務を経てフリー編集者に。「足で稼ぐ」がモットーの旅好きで、あちこちを彷徨っています。二児の母ならではの視点でライター活動も行っています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る