富士山の「山開き」とは?

富士山に登ることができる期間は、夏期の約2カ月間。これを「山開き」といいます。

山開きまでの富士山には、残雪がたくさん。雪は勝手に溶けてくれるわけではなく、ブルドーザーでかき分けて整備することで、やっと通れるようになるのです。

その山開き期間が2014年から大きく変わったこと、ご存知ですか?変更後のどの時期がベストシーズンなのかを、解説します。

2014年から変更!山開き期間に注意

富士山の山開きと言えば、これまで7月1日から8月末の2ヶ月間でした。

しかし、2014年から山梨県か静岡県かで、山開きの日と登山期間が異なるようになりました。これに伴い、山小屋の営業もかわってきます。

山梨県側の登山ルートである吉田口の山開きは、7月1日(火)から9月14日(日)。対して静岡県側の富士宮口と須走口の山開きは、7月10日(木)から9月10日(水)です。

つまり、静岡県側の開山時期を後ろにずらしているのです。

吉田口では開山日は7月1日のままですが、登山期間がこれまでの2カ月間から実質2週間長くなりました。世界遺産登録にともなう登山者増加に対応し、時期を分散させることをもくろんだものです。

試行錯誤しながらベストな期間を探りつつある状況を反映したものなので、しばらくは続々と変更がありそうです。いつか登ろうと思っている方は、こまめなチェックが必要です。

富士登山のベストシーズン

山開きの2ヶ月間が富士登山のシーズンですが、ベストシーズンは梅雨明けの7月下旬以降。

7月前半は梅雨の影響で天気が崩れる事が多く、事前の計画が立てにくいからです。雨天では、ご来光はもちろん眺めも楽しめませんし、体力的にも苦しい登山になります。場合によっては、登頂を諦めなくてはなりません。

いっぽう、天候に恵まれる7月下旬からは、大勢の登山客で賑わいます。登山道が大渋滞になり、日の出までに登頂できないことも。ゆっくりと楽しみたい方は、週末や長期休暇期間を避けるなどの工夫が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
K6

K6

投稿者プロフィール

九州出身、京都在住。専門書の出版社勤務を経てフリー編集者に。「足で稼ぐ」がモットーの旅好きで、あちこちを彷徨っています。二児の母ならではの視点でライター活動も行っています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る