富士山五合目の標高はどれくらいなの?

富士山は、一合目からすべてを登らなくてはいけないわけではありません。 五合目から登頂開始する人がほとんどです。

けれども、どの登山口から登るか、よーく考えて!一口に五合目といっても、登山口それぞれで高さが違うのです。

富士山の主な登山口は4つありますが、早く登りたいか、マイペースに登りたいかで登山口も異なります。

吉田口ルート

まず、富士登山のメイン登山道である吉田口の五合目の標高はは2305メートル。

首都圏から近く山小屋も多く、初心者も安心なルートですが、それだけに混雑しやすいのが悩みです。

所要時間は、登り6時間、下り3時間半。ただし、混み具合によっては時間通りに進まないこともあります。

御殿場口ルート

次に、ロングルートの御殿場口五合目の標高は1440メートル。 利用者が少なく静かなことが魅力で、マイペースな方に向いています。

そして、帰りの「砂走り」が、まるで走っているかのような感覚で、下っていてとても楽しいルートです。登りは8時間かかりますが、下りは4時間ちょっとです。

御殿場口ルートは駐車場のマイカー規制がないので、どうしてもマイカーで行きたい方にはおすすめのルートです。

fuji2

須走口ルート

須走口の五合目標高は2000メートル。登りに6時間50分、下りに3時間半の、吉田口ルートに次いで短いルートです。

吉田ルートや富士宮ルートに比べると人も少なく、六合目付近までは緑が楽しめるルートです。ピーク時にどうしても登りたい方には、あまり混雑せず楽しめるルートです。

富士宮口ルート

富士宮口の五合目の標高は2400メートル、登り時間は5時間半、下りは4時間程度です。

最も山頂までの距離が短く、人気のあるルートです。天気がよければ駿河湾を一望でき、登りも下りも同じ道を通るので、迷子になりにくいルートと言えるでしょう。

ただし、傾斜が最もきついルートなので、それなりに体力が必要。自信のある方にはチャレンジしてほしいルートです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
K6

K6

投稿者プロフィール

九州出身、京都在住。専門書の出版社勤務を経てフリー編集者に。「足で稼ぐ」がモットーの旅好きで、あちこちを彷徨っています。二児の母ならではの視点でライター活動も行っています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る