日光東照宮 「眠り猫」の意味ってどんな意味?

東照宮の数ある彫刻のなかで、スーパーアイドルの「眠り猫」。

国宝の、おそらく日本中で一番の有名なこの猫は、咲き誇るボタンの花の下で穏やかな表情をしてうたた寝をしているように見えます。

なぜ、猫が選ばれたのか? 有名な「三猿」のように、何か意味があるのか?

“猫も寝るほどの平和”の表れといわれるのは、長く徳川幕府の世が続いたからでしょうか。

「眠り猫」は小さいながらインパクトは大

初めて目にする観光客の大半が「 眠り猫って、小さい!!」と驚きの声。

知名度が高いわりには小サイズ。札がなければ通り過ぎてしまうほどの小さな彫刻です。

教科書や旅行ガイド、テレビの旅番組で紹介する眠り猫は、その部分がアップされるので、もっと大きな猫を想像している人が多いのでしょう。

眠り猫のある場所は、東回廊の中ほど。家康が眠る奥宮の参道入り口。

まるで美術館のように豪華絢爛な彫刻に囲まれた東照宮にあって、ほっとさせるような穏やかな猫の姿は、逆に印象深いものがあります。

重要な家康の霊廟入口に「眠り猫」を配置

神社や寺院の彫刻といえば鶴や亀、鳳凰、龍、虎などが多い。猫が使われる場合でも獲物を狙っているような活動的な姿で、“眠っている猫”が題材にされるのは非常に珍しい。

しかも、一番大切な家康の霊廟の入り口に、堂々と飾られているのは謎です。

一説には、奥宮の入り口だから「不浄なものは鼠一匹通さない」とか。

眠り猫は、ボタンの花に囲まれ日の光を浴び、うたた寝をしている姿のため「日光」に因んで彫られたともいいます。

By: ume-y

 

「眠り猫」の真意はどこに?

よく見ると、猫は前足をしっかりと踏ん張っているよう。この構図には主に2つの意味が伝わっています。

一つは、徳川家康を護るために寝ていると見せかけ、いつでも飛びかかれる姿勢をしているという。

もう一つが、平和な時代の象徴という説。

眠り猫の真裏には雀(すずめ)の彫刻があり、猫が起きていれば雀は食われるが、猫が居眠りして雀と共存共栄しているというのです。

日光東照宮の建物には多様な動物が飾られていますが、そのほとんどは平和の象徴ということから、眠り猫も戦乱が治まり、平穏な時代がやってきたことを表しているという解釈です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジヤミユコ

フジヤミユコ

投稿者プロフィール

東京都出身のフリーライター・編集。温泉に入る、寿司を食べる、旅をする、この3つが生きる糧。旅行、観光、料理を中心とした雑誌、パンフレットなどの印刷物に携わっています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る