日光東照宮の「眠り猫」を作った人は誰?

有名な「眠り猫」の前で、ガイドからこう聞いた人は多いはず「左甚五郎の作品と伝わっています」と。

この左甚五郎という名工が眠り猫を彫ったという説には、異論を唱える人がいるのを知っていますか?

実在の人物だったのか、その存在自体まで疑問視されるほど怪しい伝説もあって、謎に包まれているようです。

そこで江戸時代のスーパースター・左甚五郎に焦点をあててみました。

左甚五郎の伝説プロフィール

左甚五郎とは、江戸時代に活躍した名工。播州明石で生まれ、飛騨で鑿(ノミ)の修行をしたといわれます。

人情に弱く、酒好きで、失敗ばかり。しかしいざ仕事となると、腕一本で精巧な作品を作り上げる。

左甚五郎の彫物はあまりにリアルなため、作品である木彫りの動物たちが夜な夜な歩き出した。ただし、この手の伝説は各地に多数。

左甚五郎のいかにも庶民好みの愛すべき職人キャラは、講談や落語などに何度も登場し、スターとしての地位を確立していきました。

しかし、創作されたものが多く次第に誇張されていったので、本当の人物像はわかっていません。

左甚五郎の「左」にまつわる伝説

名前についての伝説には、日光東照宮の工事をめぐるいさかいで右腕を切り落とされ、左手一本で細工をする彫り物師だったという説。

もともと左ききであったので、左という姓を名乗ったという説。

あるいは飛騨(ひだ)の甚五郎がなまって「ひだりじんごろう」になったという説など。

そもそも特定の人物一人ではなく、飛騨出身の大工たちをさす呼び方が「飛騨の甚五郎」だというのも説得力がありますね。


左甚五郎は、全国の100カ所、100年間の長期間彫ったの?

左甚五郎作と伝えられる作品は東照宮や関東地域だけでなく、全国に広がっていて、時代も100年の開きがあります。一人の人物によって作るのは到底不可能なのです。

中にはかなり怪しい作品もあって、名前をかたった詐欺師がいたのも間違いありませんが…。

眠り猫をはじめとする類稀な彫刻が確かに実在している以上、左甚五郎という名工の存在は否定できません。

左甚五郎の名声が高まり、飛騨の匠たちを呼ぶ総称になっていった、そう考えるとつじつまが合いませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジヤミユコ

フジヤミユコ

投稿者プロフィール

東京都出身のフリーライター・編集。温泉に入る、寿司を食べる、旅をする、この3つが生きる糧。旅行、観光、料理を中心とした雑誌、パンフレットなどの印刷物に携わっています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る