日光東照宮「五重塔」は高さ35メートルの絢爛豪華な姿

現在の東照宮五重塔は、落雷で焼失したのちに再建されたもの。

見事な彫刻できらびやかに飾られ、内部は耐震の構造に作られています。

昔から「日光を見ずして結構というなかれ」と最大限に賞賛された東照宮。五重塔も必見ポイントです。

杉木立に映える赤い五重塔

東照宮五重塔は、表参道の一の鳥居をくぐった左手。高さは約35m。11~12階建てのマンション位の高さです。

五重塔の高さとしては大きい方ではありませんが、絢爛豪華さで目を奪います。

周囲の杉林の深い緑に赤と極彩色の塔が際立って映え、写真映りもばっちり。

慶安3年(1650年)、若狭(福井県)の小浜藩主・酒井忠勝の寄進で建てられましたが、文化12年(1815年)に落雷のため焼失。

現在の塔は忠勝の子孫である酒井忠進によって文政元年(1818年)再建され、今は国の重要文化財になっています。

久能山東照宮にも、かつて五重塔があった

五重塔は、下から、地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)。この世を形づくる5つの世界(五大思想)を表しているとか。

内部には本尊である大日如来像が安置され、これも国の重文に指定されています。

五重塔のルーツは、お釈迦様の骨を収めた仏舎利ストゥーパ。中国に伝わり姿を変え、朝鮮を経て日本で発達したといいます。

五重塔は仏塔ですが、日本では仏教寺院だけでなく神社にも見られます。

徳川家康の霊廟があるもう一つの東照宮(久能山東照宮・静岡県)にも3代家光が五重塔を造営しましたが、明治初期に解体されたため見ることはできません。

By: ume-y

 

東照宮五重塔の外観は「不完全不滅」スタイル

日光東照宮の五重塔は1層目から4層目まで和洋、5層目だけが禅宗様です。

屋根(ひさし)を支える垂木(たるき)の形状が異なっているのですが、4層目までが真っ直ぐな積み方(平行垂木)の和の様式。最上層の5層目だけは放射状になった積み方(扇垂木)に変わっています。

これは陽明門の「魔除けの逆さ柱」と同じように、災いを避けるためのもの。

“一カ所のみ異形の状態だから、未完なので滅びない”という「不完全不滅」の考えから意図的に造られました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジヤミユコ

フジヤミユコ

投稿者プロフィール

東京都出身のフリーライター・編集。温泉に入る、寿司を食べる、旅をする、この3つが生きる糧。旅行、観光、料理を中心とした雑誌、パンフレットなどの印刷物に携わっています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る