世界遺産 法隆寺への車でのアクセス方法

7世紀に推古天皇と聖徳太子によって創設されたとされる「法隆寺」。

法起寺とともに「法隆寺地域の仏教建造物」として、1993年に日本で最初のユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、言わずと知れた観光名所になっています。

修学旅行などで行ったことがある方も多いかと思われますが、残念ながらまだ行ったことがない……なんて言う方のために、ここでは車を利用して法隆寺に行く場合の最新の情報をお伝えしたいと思います。

西名阪・近畿自動車道、阪神高速を利用

いつグズり出すかわからない小さい子どもがいる場合などは特に、公共機関を使わずに自家用車で旅をする方も多いかもしれません。法隆寺に車で向かう場合、法隆寺は奈良県斑鳩町にありますから、西名阪自動車道の法隆寺I.Cを目指すのがいいようです。

そこから約15分で到着です。また、近畿自動車道、阪神高速「東大阪JCT」を目指し、第二阪奈有料道路を使って、壱分I.Cまたは中町I.Cで降りて向かう方法もあります。

専用駐車場なく、民間駐車場をなどを利用

法隆寺は日本でも指折りの観光地なので、駐車場も完備されているように思われますが、専用の駐車場はなく、法隆寺iセンター(観光協会)に隣接する駐車場や法隆寺近くの飲食店に併設した駐車場、周辺にあるコインパーキングを利用することが多いようです。

有料駐車場の相場は1日500円くらいだそうですが、どうしても無料駐車場に停めたいと言う場合は、法隆寺近くの飲食店でお土産購入や食事をしたりすると、無料で駐車出来るところもあるようです。

中には1000円以上の利用で駐車場無料といったお店もあるようですが、法隆寺から一番近い松本屋(奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1-6-4)では、無料駐車場の利用に関して、店での利用金額○円以上といった設定をしていませんから、ちょっとコーヒーを1杯というような喫茶店感覚で利用ができます。

こちらでは店オリジナルの柿料理が食べられるそうで、正岡子規が法隆寺を詠んだ「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」を思い浮かべながら、休憩してみるのも楽しそうですね。こちらの駐車場は、土日は特に込み合うそうですから、子連れの場合はピーク時を避けた利用がおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
umechiha

umechiha

投稿者プロフィール

建設業界の専門紙で記者をしていました。当たり前のことですが、ネットの情報をそのまま記事化するのではなく、記者時代の取材力を活かし、電話取材などで裏付けをとった最新の情報で記事化するようにしています。
建設・不動産分野はもちろんのこと、三姉妹の育児を通して感じたことを中心に、楽しくてコストパフォーマンスの高い情報を分かりやすく皆さまにお届けできたらと思っています♪

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る