京都 金閣寺の歴史を探る 建立の理由とは?

1994年に日本で5件目の世界遺産として登録された「金閣寺」。正式名は鹿苑寺(ろくおんじ)と言いますが、どのような経緯から建立することになったのか?

なぜ、金閣と呼ばれるようになったのか? 皆さんはその理由をご存知でしょうか?

ここでは、そんな金閣寺の歴史について紹介したいと思います。

元々は西園寺家ゆかりの地

金閣寺は京都市北区にありますが、元々この地は藤原(西園寺)公経が鎌倉時代に「西園寺」を建立し、その後も公経の子孫の西園寺家が所有していました。

しかし、鎌倉幕府滅亡直後、当時、当主を務めていた西園寺公宗による後醍醐天皇暗殺計画が発覚したため、公宗は逮捕・処刑。それに伴い、西園寺家の膨大な土地と資産は没収されてしまいました。

このため、西園寺は次第に荒れていったのです。

室町幕府3代将軍、足利義満が建立

人の手が行き届かず、荒れ果てた西園寺を河内国の領地と交換に譲り受けたのが室町幕府の3代将軍・足利義満です。

義満は譲り受けた西園寺を改築と新築によって一新し、1397年に政治中枢のすべてが集約された「北山山荘」を建てました。義満の死後、遺言により、この北山山荘は禅寺として改められたのですが、これこそが金閣寺なのです。

最初から金閣寺と呼ばれていたわけではないんですね。

kinkaku

北山文化を代表する舎利殿、戦後間もなく放火により焼失

金閣と呼ばれるようになった理由ですが、お釈迦様の骨をまつったとされる木造3階建ての楼閣建築の建物「舎利殿」の内外に金箔をはったことから、そう呼ばれるようになりました。金閣と呼ばれているだけに、建物全体に金箔がはられているように思われがちですが、初層には金箔ははられておらず、二層の外面(高欄を含む)と三層の内外部全面(床を除く)が金箔ばりとなっています。

舎利殿は室町時代初期の北山文化を代表する建築物でしたが、1950年に学僧・林承賢の放火により焼失したため、1955年に再建されました。

1986年~1987年には金閣の「昭和大修復」が行われ、金箔約20kgが使用されたと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
umechiha

umechiha

投稿者プロフィール

建設業界の専門紙で記者をしていました。当たり前のことですが、ネットの情報をそのまま記事化するのではなく、記者時代の取材力を活かし、電話取材などで裏付けをとった最新の情報で記事化するようにしています。
建設・不動産分野はもちろんのこと、三姉妹の育児を通して感じたことを中心に、楽しくてコストパフォーマンスの高い情報を分かりやすく皆さまにお届けできたらと思っています♪

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る