京都 清水寺などの世界遺産の寺院や神社の拝観料まとめ

寺院や神社など17カ所の施設が「古都京都の文化財」として世界遺産となっています。ここでは、それらの施設の拝観料を中心に紹介したいと思います。

拝観料が無料な上賀茂・下鴨神社

最初に紹介するのは、北区にある「上賀茂神社(賀茂別雷神社)」と左京区にある「下鴨神社(賀茂御祖神社)」になります。毎年5月15日には2社合同で「賀茂祭(葵祭)」を開催しています。拝観料はともに無料です。下鴨神社では「みたらし団子」の語源となった「御手洗祭」も行われています。

次は南区にある「教王護国寺(東寺)」です。こちらには金堂・五重塔・御影堂と3つの国宝があり、京都のシンボルとも言える五重塔は高さ55メートル、木造塔では日本一の高さを誇ります。御影堂や食堂などの拝観は無料ですが、金堂や五重塔、講堂は有料(季節によって変動あり)です。

清水寺、夜のライトアップは必見

次は東山区にある「清水寺」です。国宝にも指定されている本堂は「清水の舞台」で有名ですよね。通常拝観は大人300円ですが、春・夏・秋に夜の特別拝観(ライトアップ)を行っています。夜の特別拝観は大人400円で、通常の拝観時間が終わった後、19時前後から入場ができます。

kiyomizu

室町文化を堪能できる金閣・銀閣、大政奉還が行われた二条城

次は北区にある「金閣寺(鹿苑寺)」と左京区にある「銀閣寺(慈照寺)」です。室町幕府3代将軍・足利義満が造営した3階建ての金箔ばりの建物「金閣(舎利殿)」は、室町時代前期の北山文化を代表する建築です。拝観料は大人400円。一方、銀閣寺は室町幕府8代将軍・足利義政が金閣を模して造営した建物になります。室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建物で、拝観料は大人500円です。

京都の世界遺産の中で唯一の城が「二条城」です。中京区にあり、徳川家康によって建てられました。徳川慶喜による大政奉還が行われた場所としても有名です。拝観料は大人600円。

右京区には4つの世界遺産、拝観料が一番高額なのは苔寺

次は右京区にある「仁和寺」「龍安寺」「天龍寺」「高山寺」です。仁和寺は兼好法師の「徒然草」の中にも出てくるお寺で、春の桜と秋の紅葉が特に素晴らしいです。拝観料は大人500円。龍安寺は枯山水の方丈石庭が有名で「虎の子渡しの庭」とも呼ばれています。白砂に砂手熊という道具を使って線引きして水の流れを、石を島に見立てています。拝観料は大人500円。

天龍寺は足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺で、紅葉と桜の名所です。嵐山と亀山の借景を巧みに取り入れた池泉回遊式庭園は必見です。拝観料は境内が無料で、庭園は大人500円。

高山寺では石水院(国宝)や兎と蛙の相撲している絵で有名な「鳥獣人物戯画(国宝)」をレプリカですが見ることができます。紅葉時期のみ入山料500円が必要で、石水院の拝観料は600円です。

西京区にあるのが「西芳寺(苔寺)」です。境内には約120種の苔が美しく覆っており、緑のじゅうたんを敷き詰めたようだと言われます。苔の痛みが激しいことから、拝観には事前の申し込みが必要で、拝観料は祈祷料やお布施の意味合いもあり3000円と高い設定になっています。

拝観料無料の西本願寺と宇治上神社

下京区には「西本願寺(本願寺)」があります。「水吹き銀杏」「抜け雀の間(国宝)」「八方睨みの猫」など見所満載のお寺です。拝観料は無料です。

伏見区にあるのは「醍醐寺」です。桜や庭園の名所として知られ、境内には京都府内で最も古い木造建造物とされる五重塔(国宝)があります。拝観料は三宝院庭園・殿舎が大人600円、伽藍(金堂・五重塔など)が600円。お得な共通券もあり。

宇治市には「平等院」と「宇治上神社」があります。平等院は藤原氏ゆかりの寺院で、10円硬貨に描かれているお寺です。拝観料は大人600円。宇治上神社の本殿(国宝)は平安時代後期のもので、現存最古の神社建築とされています。拝観料は境内は無料。

京都と滋賀の県境にあるのが「延暦寺」です。最澄によって開かれた天台宗の総本山で、日本仏教の母山と仰がれています。拝観料は東塔・西塔・横川共通券が大人550円、国宝殿(宝物館)が大人450円など。2014年9月から料金改定あり。

世界遺産にもかかわらず、拝観料が無料の施設が意外にあることがわかりましたよね。京都に行かれた際には是非とも行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
umechiha

umechiha

投稿者プロフィール

建設業界の専門紙で記者をしていました。当たり前のことですが、ネットの情報をそのまま記事化するのではなく、記者時代の取材力を活かし、電話取材などで裏付けをとった最新の情報で記事化するようにしています。
建設・不動産分野はもちろんのこと、三姉妹の育児を通して感じたことを中心に、楽しくてコストパフォーマンスの高い情報を分かりやすく皆さまにお届けできたらと思っています♪

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る