高野山観光は日帰り? 泊まり?

高野山へ観光するには、日帰りか泊まりか、どちらが良いのでしょうか。

もちろん、日程や予算的に宿泊が可能ならば、泊まったほうがゆっくり観光できますよね。高野山には宿坊が多数あるので、珍しい宿泊体験もできます。

しかし、高野山がある和歌山県周辺は、ほかにも観光名所が多数あるので、何かの観光と合わせて高野山も行きたいという場合もあると思います。日帰りできるかどうか、出発地点ごとに異なりますので、詳しく見ていきましょう。

大阪や京都から高野山へ向かう

大阪市内から高野山へ向かうには、南海電鉄やケーブルカーなどを乗り継いで、およそ2時間かかります。早朝に出発できれば、日帰りでの観光も可能でしょう。

「高野山・世界遺産きっぷ」という割引切符が南海電鉄から発売されており、運賃が17%割引となって、さらに拝観料2割引き、お土産1割引きなどの特典もついているので、もし電車で向かう場合にはお勧めの切符です。

一方で、京都市内から高野山へ向かうには、およそ3時間かかってしまいます。乗り継ぎがうまくいかない場合には、4時間近くかかってしまう場合もあります。

高野山の各寺院は、夕方4時くらいが最終受付のところも多いので、せっかく高野山にたどり着いたとしても観光する時間が少なくなってしまいます。京都から日帰りでいくのはお勧めしません。できれば宿泊するのが良いと思います。

名古屋から高野山へ向かう

名古屋から高野山へ向かうには大阪を経由していくので、およそ3時間かかります。往復で6時間かかってしまうため、名古屋から高野山へいく場合も、高野山で宿泊することをお勧めします。

また、公共交通機関ならば、このような時間の予測ができるのですが、もし自家用車で向かう場合には、ところどころで渋滞が考えられますので、時間に余裕をもっていくことが肝要です。特に紅葉の時期などの観光ハイシーズンには、公共交通機関を利用するのが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pekotaro

pekotaro

投稿者プロフィール

1981年生まれです。昼間は家事育児に奮闘している、ごく普通の主婦です。子どもが就寝した後の、自由気ままなゴールデンタイムに、ライターのお仕事をしています。趣味は旅行や温泉、グルメなどで、最近ではわが子と一緒に遊ぶのも趣味になってきました。子育ては大変なこともありますが、子どもの成長を見ていけることが、何よりの喜びです。ライターとしては、読み手の人たちに分かりやすい文章を書くよう、心がけています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る