京都の人気観光スポット 二条城の見どころとは?

大政奉還が行われた場所として京都の人気観光スポットになっている「二条城」。江戸幕府初代将軍・徳川家康によって創建され、1603年に完成した城には、家康の孫、3代将軍・徳川家光がつくらせた絵画・彫刻などもあり、豪壮・華麗な桃山様式の全貌を見ることができます。

そんな二条城の見どころとはどこでしょうか? ここでは二条城の見どころについて紹介したいと思います。

大政奉還が発表された一の間、狩野探幽の襖絵は必見

二条城は「二の丸御殿」と「本丸御殿」の大きく2つに分けることができます。

二の丸御殿は江戸時代の武家風書院造りの代表的な建築物で、部屋数は33室、畳は800畳以上敷かれています。廊下はうぐいす張りになっており、歩くとキュッキュッと音がします。

塀の南側にある唐門から入ると、正面には二の丸御殿の玄関にあたる「車寄(くるまよせ)」が見えます。

車寄に隣接するのは、二の丸御殿の中で最大の面積を持つ「遠侍(とおざむらい)」です。ここは城へ参上した大名の控えの間として使われていました。

次は「式台の間」です。ここでは主に将軍への献上品の取り次ぎがされていました。狩野探幽(かのうたんゆう)が描いたとされる襖絵は必見です。

続いて紹介するのは「大広間」です。一の間と二の間があり、一の間は二の丸御殿の中で最も格式の高い部屋とされ、1867年に15代将軍・徳川慶喜が諸藩の重臣を集め,大政奉還を発表した際に使われました。

このほか、狩野探幽の弟、尚信(なおのぶ)が描いた襖絵が堪能できる黒書院、将軍の居間・寝室として使用され、狩野興以(かのうこうい)または長信(ながのぶ)が描いた水墨山水画が見られる白書院があります。

本丸御殿、現在公開中止中

一方、本丸御殿ですが、耐震性の不足から、2007年の春を最後に公開が中止されています。創建当時は二の丸御殿に匹敵する規模を持ち、五層の天守閣がそびえていましたが,落雷や大火によって、殿舎をも焼失してしまいました。

現在の本丸御殿は京都御所にあった旧桂宮邸の御殿を移築したもので、孝明天皇の異母妹、皇女和宮が14代将軍・家茂に嫁ぐ前、約1年8ヶ月にわたって住んでいました。1854年に内裏が炎上した際には、孝明天皇の仮皇居としても使用されました。

nijojo

庭園も一見の価値あり

また、二条城は、江戸時代からある二の丸庭園、明治時代に造られた本丸庭園、昭和に入ってから造られた清流園の3つの庭園を持っており、こちらも大変すばらしい造りになっています。

非公開の部分もあるようですが、米国の日本庭園専門誌で上位にランクインするこれらの庭園は一見の価値ありです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
umechiha

umechiha

投稿者プロフィール

建設業界の専門紙で記者をしていました。当たり前のことですが、ネットの情報をそのまま記事化するのではなく、記者時代の取材力を活かし、電話取材などで裏付けをとった最新の情報で記事化するようにしています。
建設・不動産分野はもちろんのこと、三姉妹の育児を通して感じたことを中心に、楽しくてコストパフォーマンスの高い情報を分かりやすく皆さまにお届けできたらと思っています♪

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る