屋久島観光に必要な日数は?

海に山に、見どころがいっぱいな屋久島。存分に楽しむには、どれくらいの日数が必要なのでしょうか?

到着・出発にそれぞれ一日

屋久島までの移動には、意外と時間がかかります。屋久島までの空の直行便は便数が少なく、鹿児島空港を経由したアクセス方法が考えられるからです。到着と出発にそれぞれ一日かかるような旅程を考えるのが無難でしょう。

空の直行便は少なく、伊丹空港、福岡空港からの直行便はそれぞれ一日一便。伊丹空港から屋久島空港まで1時間半、福岡空港からは1時間といったところ。たいては鹿児島を経由する必要があります。鹿児島空港から屋久島空港まで、約35分。

鹿児島市内から屋久島までの高速船を利用することも可能です。高速船トッピーやロケットを利用すると直通で1時間50分、種子島経由で2時間40分かかります。

ただし、鹿児島空港から港までは、バスで約一時間が必要です。

屋久島でレジャーを楽しむ日数は?

移動に2日を要するとして、レジャーを楽しむのには正味何日必要でしょうか?

例えば、日帰りの縄文杉トレッキングや白谷雲水峡をめぐるには、沿岸部の集落地帯から登山道を通るルートをとり、それぞれ往復でおよそ10時間かかります。

どちらも楽しみたいならトレッキングに2日が必要ですし、温泉やマリンレジャーを楽しむなら、さらにもう1日を加えるとよいでしょう。

ほか、1日レンタカーを借りて島巡りをするのもおすすめ。屋久島の中央は山岳地帯で、集落や道路は沿岸部に集中していますので、3時間もあれば、ぐるりと一周することができます。大川の滝やフルーツガーデンをめぐり、温泉にゆったり浸かることもできます。

yakushima_map

移動も含めて2+2=4日がベスト

このように、屋久島の自然を存分に満喫するなら、移動も含めて4日の予定が理想的。

せっかく遠くから訪れるのだから、ゆったりと楽しみたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
K6

K6

投稿者プロフィール

九州出身、京都在住。専門書の出版社勤務を経てフリー編集者に。「足で稼ぐ」がモットーの旅好きで、あちこちを彷徨っています。二児の母ならではの視点でライター活動も行っています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る