一人での屋久島ツアー参加 どんな感じなの?

一人でも屋久島に行きたい!自分のペースで気ままに旅したい!

そんなあなたにはツアーを利用するのがおすすめ。ツアー探しのポイントは・・・?

意外と一人旅の多い屋久島

屋久島を旅すると、意外と一人旅の方が多いことに気づきます。あえて一人で訪れることで、現地の人や同じ宿の方、同じく一人でトレッキングする旅行客と仲良くなることができるようです。

新たな仲間や出会いを求めて一人旅するのも良いかも知れませんね。

トレッキングにはガイド付きプランを

自然を楽しむ屋久島の旅は、ちょっと敷居が高く感じられるもの。

「一名様より申し込みOK」というプランは数多くありますが、その中でもおすすめなのは、トレッキングのガイドがついているプラン。

縄文杉までの道のりは険しいものではありませんが、じつは屋久島の山は深く、登山道の前後に人がいるかどうかわかりづらいもの。不慣れな登山客が迷子になることも度々あるのです。特に一人でチャレンジする方には、ガイドつきプランが無難でしょう。

あるいは、宿や交通手段は自分で手配して、現地のガイドツアーを手配するのも楽しい方法です。

ツアーはガイド一人につき5人程度のものが多く、ついて行けずに置き去りになる心配は無用です。

熟練のガイドが目配りして休憩をとったり、屋久島の自然についての知識を与えてくれます。黙々と一人で登るのも悪くはありませんが、楽しみを見逃してしまうのも考え物。ガイドは一人の旅をより楽しくしてくれる、有り難い存在なのです。

yakusugi

女性こそツアー利用がおすすめ

女性一人旅は心配事も多いものです。

屋久島に限らずとも、部屋に宿泊先の男性スタッフや知らない人が入ってきた、移動中の隣の席が男性で落ち着かなかった・・・といった情報は耳にします。

その点、ツアー会社のプランならば、隣席に男性が来ないような配慮も行き届きますし、「一人」であっても宿泊先など外から見れば「団体」扱いになりますので、心強くもあります。

また、ツアーの場合はトレッキング利用時に、登山口までの行き帰りの送迎バスがあります。疲れやすい女性であれば、こういったサービスのついたツアーを利用するのは有効な手段と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
K6

K6

投稿者プロフィール

九州出身、京都在住。専門書の出版社勤務を経てフリー編集者に。「足で稼ぐ」がモットーの旅好きで、あちこちを彷徨っています。二児の母ならではの視点でライター活動も行っています。

この著者の最新の記事

あわせて読みたい人気記事

オススメ関連記事

ページ上部へ戻る